ラッフルズメディカルホーチミンクリニックでは Covid-19の抗体検査を行っています

 

長引く倦怠感、せき、呼吸困難、頭痛、関節痛などの症状がある場合、血液検査で「SARS-CoV-2ウィルス(新型コロナウイルス)」に対する抗体を確認することが可能です。抗体は私たちが病原体に感染した場合に免疫システムが作るタンパク質です。

Covid-19の抗体検査はSARS-CoV-2ウィルスに対する抗体を検査するもので、過去に感染したことがあるか、もしくはコロナワクチン接種を受けた後の抗体を確認することが可能です。

Covid-19抗体検査で確認ができないこと

• 抗体検査によって、現時点での感染を確認することはできません
• 抗体検査によって、受診者様がCovid-19に対して十分な免疫があるかどうかを判断することはできません
• 抗体検査によって、COVID-19の診断はできません。
• 抗体検査は、Covid-19に感染して14日以内の、初期の段階でお受けになることはお勧めできません

検査結果について

抗体検査の結果は通常1日で出ます。結果には以下の3つの可能性が考えられます。

Covid-19抗体検査が陽性である場合はSARS-CoV-2/Covid-19の抗体が感知されたことを意味します。これは、これは、ワクチン接種によって抗体が形成された、または、無症状の場合を含め、過去に感染していた可能性を示します。ただし、以前の感染によって抗体が確認されたとしても、今後の感染に対して、必ずしも十分な免疫があるとは言えないため、
感染を防ぎ、また、感染して菌を広めることが無いよう、可能な予防策はすべて講じるべきだと考えられます。

Covid-19抗体検査が陰性である場合はCovid-19の抗体が感知されなかったことを意味し、以前に感染した可能性が低いことを意味します。しかしながら、この結果から、一度も感染したことが無いと言うことはできません。一般的に、過去に感染しても、数か月の間に抗体値が減少すると考えられており、テスト実施時には抗体が検出されなかった可能性もあります。

ごくまれではありますが、検査結果が無効となることがあります。これは検査や検体の状態に問題があり、検査結果に影響が及ぼされた場合などに起きることがあります。

— —

詳細はクリニック日本語デスクまでお問合せください

167A Nam Ky Khoi Nghia, Dist. 3, HCMC | (028) 38240777 | hcmc_japan@rafflesmedical.com